ウーマン

健康のための女性ホルモンを増やす方法を提案|知っておいて損はない

腸内環境を良くする

お腹

生活習慣で変化

腸内フローラとは人間の腸の中に存在する細菌全体についていいます。腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)ともいいます。腸内の細菌は、約100種類以上、個数は約100兆といわれています。それだけの数の細菌がひしめき合って生息している様はまさに草むらのようです。腸内フローラの成り立ちは善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。これらがバランスをとっています。この割合は人によって違います。健康な人の腸内フローラは善玉菌が優勢です。その人の腸内フローラがいつも一定しているかというとそうではありません。生活習慣やストレスによって日々変化します。善玉菌が優位になるか悪玉菌が多くなるかは生活次第なのです。

善玉菌を応援

腸内フローラはとても繊細です。ちょっとした事で変化します。加齢による変化がありますし、風邪を引いたときに抗生物質を飲んだり、ストレスがかかったりすると善玉菌が減り腸内フローラが悪玉菌優位になります。現代社会で腸内フローラを健康的に保つためには日常生活でよい菌を応援する必要があります。野菜や果物には善玉菌のエサとなるオリゴ糖が豊富に含まれています。腸をきれいにする食物繊維もあり、よい食材です。また有用菌を外から補うことも必要です。ヨーグルトやぬか漬け、納豆、味噌、チーズなどの発酵食品を取り入れましょう。ストレスも腸内の細菌にダメージを与えます。スポーツや娯楽などで上手にストレスを発散させて腸内を健康に保ちましょう。