シニア

健康のための女性ホルモンを増やす方法を提案|知っておいて損はない

女性ホルモンに良い習慣

女の人

女性ホルモンを増やす食材

女性ホルモンを増やす方法としてよく知られる食材が大豆です。大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンと似た働きを行ないホルモンバランスの乱れを整えてくれます。しかし大豆だけでなく、ほかにも女性ホルモンを増やす方法と行なうのにふさわしい食材があります。それは卵、ナッツ類、魚などが挙げられます。卵や魚は普段の食生活に取り入れるだけで女性ホルモンに良い成分を摂取できます。そしてナッツ類では、現代アーモンドミルクというものが流行っていまして、飲みやすい味でアーモンドの成分をそのまま飲むだけで摂取できるドリンクです。アーモンドをすり潰してペースト状にしたものを水分でドリンク状にしたもので、決して牛乳が入っているわけではなくミルクみたいなドリンクということでその名がついたのです。

リラックスタイムを作る

朝食にアーモンドミルクを飲むだけで、女性ホルモンのバランスを整える効果を得られます。しかし食べて成分を取り入れるだけでなく、普段の生活習慣の中にも女性ホルモンを増やす方法を行なうことも必要です。女性ホルモンは特にストレスを感じて乱しやすいもので、そのストレスを上手に発散できるようにすることが大切です。たとえばお風呂で良い香りを広げるためにアロマオイルを垂らしてリラックスタイムを味わったり、ハーブティーを飲んで心を落ち着かせて緊張感をほぐしたりするなど、1日に少しでもリラックスできる時間を作らなければなりません。最近では生活習慣を乱している人も多く、女性ホルモンを増やす方法を行ってバランスを安定させるには普段の生活から改善させなければならないこともあります。

免疫力を高める効果

緑のサプリ

スピルリナサプリは5大栄養素を含み、またアルカリ性食品という事もあり、体の機能を整え免疫力をアップする効果が期待出来ます。ただ、磯の香が苦手という方もいるようです。飲み難いと感じる時は、粉末タイプを活用しましょう。お味噌汁に入れると、飲みやすくなります。

詳しくはこちら

腸内環境を良くする

お腹

腸内フローラとは腸の中の細菌全体を指します。約100種類、約100兆個です。善玉菌、悪玉菌、日和見菌で構成されています。これらのバランスは人によって違います。健康な人は善玉菌が優勢です。抗生物質の飲用や食生活、ストレスで腸内フローラは変化します。善玉菌を補う必要があります。

詳しくはこちら

体調管理に効果的

栄養補助食品

乳酸菌サプリを選ぶ際には、自分が求める体調の改善に効果がある乳酸菌の種類を知っておく必要があります。死滅しやすい乳酸菌ですがサプリメントの場合はその問題も改善されており、継続的に摂取することで腸内環境の改善に役立ってくれます。

詳しくはこちら